当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。
ご挨拶

「資材ポータルサイト」では、各種資材を扱ったサイトにつきましてご案内していきます。
資材というと、物を作るための材料のことを言います。一般の方が口にすることはあまりないワードかもしれませんね。ただ、業種によっては常にお世話になる物かと思います。

資材

現在ちょうど自宅の近くでマンション建設工事が行われています。
毎朝のように、クレーンでワイヤーにつるされた鉄骨を見上げながら出社しているのですが、建物の建設には当然鉄骨ばかりでなく他にも様々な資材が使われます。部位で分けると、屋根材、壁材、床材、建具の分類になります。
それぞれの分類ごとにいくつものパーツがあり、それらは石材、木材、鉄鋼材、非鉄金属材、ガラス材、粘土系、高分子材料、セメントコンクリートなど様々な元材によってできています。

このように、資材と言っても、それは元々最終的な商品の形をしているわけではなく、もともとの材料からいろいろな人の手を通して最終的な資材になるのですよね。大学時代は材料系の研究をしていたので、そういった過程を考えると感慨深いものがあります。
こういった資材に関するサイトを集めることで、その分野の方々にとって使いやすいポータルサイトを作っていきたいと思っています。

最新の脳科学の研究によると、人が目から見る世界というのはかなりの盲目であるということが明らかになっています。たとえば、アナタが毎日何時間も見つめているスマートフォンの画面を思い浮かべてみてください。画面の中には様々なアプリが入っていて、その液晶は嫌というほど見つめているはずですが、アプリのアイコンの配列を正しく記憶している人はどれほどいるでしょうか。おおよそほとんどの人が把握していません。なぜこのようなことが起きるのか、それはその情報が使用者にとってさほど重要ではないからです。このように、人間の目は見たいものしか見ず、記憶したいものしかメモリに残しません。その結果、何が起きるでしょうか。物事を表面上だけでしか見なくなってしまうのです。しかし、あらゆるものの本質は見えない部分にあります。資材というのはそのようなあらゆるものの見えない部分の本質です。資材を知ることであらゆる物の正体や、そのメカニズムを理解できるようになります。完成品ばかりに囲まれていると、本当に良い物を見極める判断が鈍くなる可能性があります。資材ポータルサイトで、あらゆる製品の材料や、その過程を学びましょう。使うサービスの判断力が向上することに間違いありません。

企業PR広告
中古トラック買取.COM
中古トラック買取.COMは、横浜・川崎・神奈川・東京を中心に中古トラック・バスの高額買取を行っています。
クラッド材専門技術商社<異種金属接合>
クラッド材専門技術商社は、異種金属接合<銅・アルミ・ステンレス鋼・ニッケル・チタン>の専門技術商社として事業を行っております。
最新の投稿
投稿日:2017年9月19日
本格的な留学をする勇気はまだありませんが
まだ大学在学中で、将来何をしていいか明確な目標が見えていなくて焦っていました。
漠然と海外を相手にできる仕事ができればいいと思っていて高校の時から独学ですが英会話を練習していて、上達ぶりも試す意味で今回インターシップ体験を現地で行うことにし... 続きを読む
投稿日:2017年9月17日
名古屋のイーゼムが歴代ナンバーワンのメンズエステです!
まさに隠れ家的なメンズエステで、私は転勤が多く全国でいろいろなエステを利用していますが、名古屋のイーゼムが歴代ナンバーワンです!
中に入ると豪華な佇まいで最初は少しビビりましたが、料金はその割に高くなくて、何よりもここにいるセラピストさんの... 続きを読む
投稿日:2017年9月16日
ゼロワンアーキテクツさんに建築設計してもらいました
所沢は生まれ故郷で、まだ気力があるうちに商売をはじめることにして会社を早期退社しました。
妻も十分会社のためにこれまで働いてきたから後は好きなことをすればいいと賛成してくれて、これまで贅沢もしなく子供もいなくて最後を過ごす家を建てるだけの貯... 続きを読む
投稿日:2017年9月14日
ダイノックシートを取り扱っている施工業者は限られていて
外部に利用する材料のことで頭を悩ませていましたが、いろいろ調べているとダイノックシートというものがあることを発見してこれだと思いました。
しかしダイノックシートを取り扱っている施工業者は限られているようで、工期も迫っていたので急いでビビット... 続きを読む
投稿日:2017年9月14日
二世帯住宅に建て直すことにして解体業者を探していましたが
東京に両親が住んでいて、最近母の体調があまり良くなく入院するなど心配していました。
横浜の会社で働いていますが、東京からも通えなくはないので最後の親孝行だと決心して東京の実家に家族で引っ越しすることにしました。
二世帯で住むには狭いしもうか... 続きを読む